12. 石沢 のりゆき


<< 前のページ   「挑戦者に質問!」   次のページ >>

石沢 のりゆき
会派 日本共産党
ホームページ
 アンケートへの回答
【キャッチフレーズ】 子育て・若者・福祉の願い 区政へ届け実現に全力
1.いま区民が抱える問題は何だと思いますか? 安倍政権が今年10月から消費税を10%に上げようとしています。これは区民にとって大問題です。区内の中小企業の経営者は「消費税が8%に引きあがったときは本当に大変だった。10%に上がったら区内の中小企業の大半がやっていけなくなるのではないか」と話していました。区民の暮らしにも中小企業の営業にも破壊的な影響を及ぼす消費税10%増税は中止する必要があります。
2.区政について、これはおかしいと気がついたことはありますか?

区民サービスを値上げし、区民にとって必要な施設をつくらない区政はおかしいです。この間区は、自転車駐輪場使用料や育成室・区立幼稚園保育料を値上げしてきました。自転車駐輪場は年間使用料が2千円から2万4千円なりましたが、4人家族で駐輪場を使ったら合計で年間9万6千円の負担です。待機児童が深刻な状況ですが区立保育園は16年間新設していません。特養ホームは13年ぶりに1か所できましたが、まだまだ足ません。

3.ご自身が達成したい施策を具体的にあげてください。

値上げされた区民サービスをもとに戻します。自転車駐輪場は2千円に引き下げます。育成室保育料は1万円に値上げされましたが、これを値上げ前の4千円に戻します。幼稚園保育料は1万2千円を6千円に戻します。また高校生までと75歳以上の非課税世帯の医療費の無料化、小中学校の給食費無償化などを実現させます。若年層向けの家賃補助制度を作ることや大学生向けの給付制奨学金制度も充実させていきたいです。

4.ご自身が区の予算で変えていきたいところはどこですか?

区民に負担増を強いる一方、679億円まで積みあがったためこみ金を区民に還元する予算に変えます。春日・後楽園再開発事業には来年度だけで73億円の税金を使おうとしています。税金の使い方が逆立ちしています。自転車駐輪場使用料や育成室・幼稚園保育料をもとに戻すことと、給食費無償化、高校生までと75歳以上の非課税世帯の医療費無償化などに必要な税金は約13億円で、ため込み金の約2%で実現可能です。

その他ご意見等

文京区でも貧困と格差が広がっています。「住宅土地統計調査」によれば文京区民の年収300万円以下の人は、平成25年時点で4人に1人の割合になっています。679億円のためこみ金が文京区はあります。この一部でも区民の暮らしに還元すれば、多くの区民が日々の暮らしに希望を持てる区政を実現できます。ご一緒に区政に変えていきましょう。

<< 前のページ   「挑戦者に質問!」   次のページ >>