2.いま区民が抱える問題は何だと思いますか


<< 前の設問   「区議に質問!」   次の設問 >>

 2.いま区民が抱える問題は何だと思いますか

西村 修 健康、道徳、景気、雇用、待機児・特養の待機者
高山 泰三 お一人お一人で全く違うと思います。私は個人の違いや自由を大切にしています。
橋本 直和 アンケートの問合せありがとうございました。
私どもとしましては、それぞれの政治信条、文京区に対する考え方等は選挙公報にて、発表させていただきますので、どうぞそちらをご覧下さい。
また、日頃の活動については
http://www.jimin-bunkyo.jp/  自民党文京区議団のをご参考にしていただければと存じます。
どうぞこれからも応援よろしくお願いします。

自民党文京区議団  幹事長 名取けんいち

白石 英行 アンケートの問合せありがとうございました。
私どもとしましては、それぞれの政治信条、文京区に対する考え方等は選挙公報にて、発表させていただきますので、どうぞそちらをご覧下さい。
また、日頃の活動については
http://www.jimin-bunkyo.jp/  自民党文京区議団のをご参考にしていただければと存じます。
どうぞこれからも応援よろしくお願いします。

自民党文京区議団  幹事長 名取けんいち

名取 顕一 アンケートの問合せありがとうございました。
私どもとしましては、それぞれの政治信条、文京区に対する考え方等は選挙公報にて、発表させていただきますので、どうぞそちらをご覧下さい。
また、日頃の活動については
http://www.jimin-bunkyo.jp/  自民党文京区議団のをご参考にしていただければと存じます。どうぞこれからも応援よろしくお願いします。

自民党文京区議団  幹事長 名取けんいち

田中 としかね アンケートの問合せありがとうございました。
私どもとしましては、それぞれの政治信条、文京区に対する考え方等は選挙公報にて、発表させていただきますので、どうぞそちらをご覧下さい。
また、日頃の活動については
http://www.jimin-bunkyo.jp/  自民党文京区議団のをご参考にしていただければと存じます。
どうぞこれからも応援よろしくお願いします。

自民党文京区議団  幹事長 名取けんいち

海老澤 敬子 アンケートの問合せありがとうございました。
私どもとしましては、それぞれの政治信条、文京区に対する考え方等は選挙公報にて、発表させていただきますので、どうぞそちらをご覧下さい。
また、日頃の活動については
http://www.jimin-bunkyo.jp/  自民党文京区議団のをご参考にしていただければと存じます。
どうぞこれからも応援よろしくお願いします。

自民党文京区議団  幹事長 名取けんいち

森 守 アンケートの問合せありがとうございました。
私どもとしましては、それぞれの政治信条、文京区に対する考え方等は選挙公報にて、発表させていただきますので、どうぞそちらをご覧下さい。
また、日頃の活動については
http://www.jimin-bunkyo.jp/  自民党文京区議団のをご参考にしていただければと存じます。
どうぞこれからも応援よろしくお願いします。

自民党文京区議団  幹事長 名取けんいち

金子 てるよし 国の政治は実質賃金18ヵ月連続減や年金削減、介護・医療の負担増でくらしを壊していることです。自治体にはくらしを守る防波堤の役割が求められますが、現区政はこの役割を果たしていないので、必要な介護を受けられず「孤独死」が起き、特養待機者は600人を越え、非正規雇用の拡大で区役所がブラック雇用を広げていることに現れています。地方自治法どおり「福祉の増進」の役割を自治体が果たすことが求められています。
海津 敦子 子育て、教育、介護、貧困、仕事、住居、家族関係…。例えば、「離婚を考えていて仕事を探したいが、そのためにまず子どもの預け先を確保したいのにできない」「離れて暮らす親を訪ねたら、片づけができなくなって足の踏み場がない」「介護が始まり仕事を続けられる自信がない」「非常勤ではないが実質ボーナスもなく年収は250万円、結婚も子どもを持つことも考えられない」などなど、区民一人ひとりが抱える課題は様々です。
萬立 幹夫 自分たちが苦労して納めている消費税を含めた税金が、どのように区民に還元されているのかが見えないことだと思います。文京区はこの10年間、区立保育園や特養ホーム、低所得者向けの高齢者住宅は増設を一切していません。学校改修がやっと始まりますが、「統廃合計画」によって後回しになっていました。税金は再配分をしながら、「アベノミクス」で苦しむ区民や、文京区で子育てしたいという若い世代に還元させます。
高畑 久子 子育て世帯では、保育所の問題。高齢者が住み慣れた地域で安心して住み続けられる低廉な住宅。 消費税は社会保障のためといいながら、社会保障は削られる一方。原発の再稼働、基地はいらない沖縄県民の創意、平和憲法9条の問題等、区長の姿勢方針をただせば、「国が決めること推移を見守る」答弁。 国の悪政の防波堤の役割を果たさなければならない、一番身近な自治体です。「区民が主人公」の区政に変えていきましょう。
板倉 美千代 待機児童の増加、特養ホーム・低廉な公共住宅の不足、中小商工業の不振、災害対策、原発再稼働など、どの問題でも政治の有り様がもたらすもので、その根本的解決が必要ですが、国のこうした政治からの防波堤の役割を果たすのがいちばん身近な地方公共団体である文京区の仕事です。622億円に膨れ上がった区の基金を活用すれば切実な区民の願いを実現することができます。「区民こそ主人公」を区政に転換することが必要です。
上田 ゆきこ
  • 地域とのつながりの薄さ、核家族 等で、介護や子育て等の課題に直面したときに相談する人がなく、悩みが深まる人が多い。
  • 防災面等、地域参加の必要性はある程度感じながら、心理的な障壁はまだ高く、町会等の受け入れ態勢も整っていない。
  • アクティブシニア等が気軽に参加できる地域活動がまだまだ少ない。
  • 都市ならではの課題として、教育・子育て・医療・介護・生き方等の選択肢がありすぎること。
国府田 久美子 生まれてから死を迎えるまで、本当の「安心」を区民は掌中にしていないのではないかという問題。競争社会が育児不安を増大させているし、保育所入所は難関。入学後は塾にお金がかかり、大学を出てもブラックな働かされ方が口を開けている。 残業代ゼロ法案まで出てきてエリートがターゲットに。社会保障費削減で介護の現場は人手不足に拍車がかかっている。格差の広がりが社会を不安定にしている。戦争、原発も不安材料。
松下 純子 区民の方から直接ご相談を受けるなかで、一番件数が多いのは介護に関わるご相談です。介護が始まった時に、施設に入れるのか、自宅で介護する場合はどうしたらいいのか、自分の生活にどれくらい影響があるのかという不安を多くお聞きします。私も介護ヘルパーの資格を取得いたしました経験が、実際に役立っています。生活の変化は全てが避けられるものではありませんが、不安を減らせるように行政面から全力でサポートして参ります。
田中 和子 区民の定義は住民から在学、在勤まで幅広いものです。区政に対してとすれば、私が直接皆様からお声をいただくのは、年代により異なりますが、待機児、教育、子育て、環境(まちづくりを含む)、介護、生活困窮など背負っている人の課題は複雑です。希望が抱ける将来、安心できる生活の確保が描けないことが根本にあるように思います。
山本 一仁

待機児童問題

区民が抱える問題はそれぞれ様々だと思われますが、全体的な問題としては、待機児童問題ではないかと考えます。人口増に伴い、特に中堅ファミリー世帯の増加に保育所の数が追いついていかない現状となっています。

品田 ひでこ
    1. 医療・年金・介護の社会保障費増から、老後の不安。
    1. 女性が働き続ける保育施策の整備。(保育園・育成室)
    1. 認知症急増、特別養護老人ホーム待機者増からの介護離職問題。
    1. 障がい者(児)施設や制度、教育の未整備。
    1. 大型店の台頭、通信販売など個人商店の経営が厳しい。
    1. 中小企業は、ITなど進む技術革新についていけず経営が困難である。
    1. 保護者の経済的格差が児童の教育格差につながっている
  1. 震災対策の強化を望んでいる。
渡辺 雅史 少子高齢化に伴う、社会保障経費(医療・介護・年金など)の増大。
所得の再分配と公平性の担保。格差が広がることへの懸念。
藤原 美佐子 区民ひとりひとりが様々な問題を抱えていると思うが、大きくは、高齢化による健康、住まい、ライフスタイル、低所得、家族関係等の諸問題、介護や子育てと仕事との両立の問題、介護や子育て自体の包摂する困難の問題、不適応、いじめ、ひきこもり等青少年が抱える問題、青壮年の就労と貧困の問題、貧困の連鎖の問題、障害者・児とその家族の問題、地域コミュニティの崩壊、希薄さの問題、まち壊しの乱開発、近隣建築紛争など。
戸井田 ひろし 少子高齢化社会を迎えています。
子育て支援策を更に充実させていくこととともに、今後の超高齢社会に対応する為に、高齢者に対して更に多岐に亘る施策が求められています。そして、今後、行政需要と財政負担が増大していく中で、どの様に高齢者施策の充実を図っていくのか。施設整備ひとつとっても、都心区に位置する文京区おいては、大きな課題であると思います。
松丸 昌史
こちらをご覧下さい
http://www.komei-bunkyo.gr.jp/
公明党文京区議団
若井 宣一
こちらをご覧下さい
http://www.komei-bunkyo.gr.jp/
公明党文京区議団
渡辺 智子
こちらをご覧下さい
http://www.komei-bunkyo.gr.jp/
公明党文京区議団
岡崎 義顕
こちらをご覧下さい
http://www.komei-bunkyo.gr.jp/
公明党文京区議団
田中 香澄
こちらをご覧下さい
http://www.komei-bunkyo.gr.jp/
公明党文京区議団
浅田 保雄 高齢者、障害者が住み続けられる住宅の不足。高額な国民健康保険、介護保険料。
前田 くにひろ 「本当は困っている」と
声を出せない人がいること。

こころやからだにハンディをお持ちの方、
認知症の方、介護離職・介護疲れ、
経済的に困窮している方、
引きこもりや不登校、
子育てに悩んでいる方、
セクシャル・マイノリティなど、

困っていてもSOSを出せない、
弱い立場におかれている方々の声を受け止め、
政策決定の場に伝えていきたいと思っています。

國枝 正人 将来への漠然とした不安、閉塞感。大きな不満は無いが、日本の将来に対する不安感。
島元 雅夫 (ご回答いただけませんでした。)
田中 としゆき (ご回答いただけませんでした。)

<< 前の設問   「区議に質問!」   次の設問 >>